小学生女子のハハ。おデブニャンコと夫。 ぐーたら暮らしたいけど、現実にはムリで、セカセカアセアセ 生きてます

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
この年になってくると、もう新しく習うとか知る..とかは
あんまりなくなって。
日々、惰性な感じで過ごしています。


先日、久々に新鮮体験しました。


おにぎりの握り方です。
とっても今さらなんだけど。


ママ友ばかり5人で、バーベキューをしました。
男性陣はゼロ。子どもは参加。

火を起こすのが大変かな?と思ったのですが
カセットボンベと網のコンロの登場で
全然大変じゃなかった。

カチャリで着火!

男手なんて、いらなかった。


で、あるママがおにぎりを握っていました。
そのおにぎりが、おいしくておいしくて。
ふんわり握りでした。


「おにぎりはふんわり握る」


というのは鉄則というか
よく書いてあるのですが
私も含め、ついついギューギュー握ってしまって
なかなか口の中でホロホロほどけるおにぎりを
口にする機会が、本当になかったのです。

ママ友のおにぎりは
ふんわりしていて、本当に美味しかった。
塩加減も絶妙で、
「私もあのおにぎりを握りたい!」と心底思ったのです。


以来、ご飯があまるたびに
おにぎりにしています。


握るママ友の横で、
ふんわり以外にも、「お!」と思う便利テクを
発見していました。


手につける水。
私は小さなボールに汲んでおいて
しゃもじも手もこのボールにつけて...。

これがジャマくさいから
私はラップで握ることが多い。

でもラップもチマチマしてめんどい。

「おにぎりめんどくさーい!」だったのですが
ママ友はキッチンの蛇口から、細く水を出しっぱなしにして
手水をつけたり、しゃもじを濡らしたり。


このテクがすごくよかった!

ちょっとしたことなんだけど
手に塩をつけるのも、なんかスムーズ。


今まで、ギューギュー握りだったから
普通サイズのおにぎりを作るのに
ご飯がたくさん必要だったのが
少な目ごはんで普通サイズのおにぎりができるようになったのも
よかった。

今、おにぎりブームです。

ムスメも「〇〇さんのおにぎり、美味しかったなー」と
言っていたので
握るたびに「どう?〇〇さんのおにぎりに近づいた?」と
聞くのですが....。

すでに思い出は美化されているようで
もう幻のおにぎりになっちゃってる気がする。





スポンサーサイト
2017.09.25 / Top↑
ムスメM、女子中学生(JC)。


中学生になると、行動範囲が広がりました。
まあ、前から電車やバスを駆使して、どこでも行っちゃうし
自転車でも遠くまで行っちゃうから
実質的にはそんなに変わんないんだけど。

今日は部活の打ち上げという名の、女子会らしい。
1年生から3年生まで、部員30名で
出かけて行きました。

女子会なので、男子部員は誘われてないらしい。


LINEのグループトークで、どこに行くか
何を食べるか、話し合っていましたが
結局お昼はサンマルク!


え!JCがサンマルク?似合わないー。


そしてお茶はスタバでするらしい。

え!スタバ!30人も入れないでしょ。
私1人でも常時満席で、入れないのに。
いついっても、座るとこないのに。


モールに入ってるスタバだから、
外のテラスとかで、汗ダラダラ流しながら
飲むんでしょう。

背伸びしたいお年頃なのねー。

そういえば、よそのJCも
ママから「帰り(ランチ)なに食べる?」って聞かれて
「スタバ!」って答えてるの見たわ。


「アホか!」って言われてましたー。


JCにとってスタバはオシャレスポットなのかなー。
そうやって、先輩から大人な香りのするものを
イロイロ教わるのかも。

帰ってきたら、すっかりムスメもスタバかぶれになりそうだ。


2017.07.25 / Top↑
ブログの記事管理のページを見ると
何個か前に書いてた記事が、スケート靴の記事でした。
1年前の出来事ですが。


去年の6月に新しい靴を買って
1年もたずにまた新しい靴を買いました。

もう引退することを決めてるタイミングだったので
ショックは大きい。

でももう、痛くて1歩も進めないらしい。
無理して滑ったら、いちいち足がつったりするんだって。


この時点で、最後のバッチテストを受けるつもりと
最後の試合に出場するつもりがあったから
道具は必要だわね。

泣く泣く買いました。

1年前にブレード(スケート靴の下についてる金属)も
新調したから、今回は前のブレードでいけるかな?と
淡い期待を持ったのですが
0.5cmしかサイズがあがってないのに
ブレードもサイズアップするらしい。

いやだーーー。無理やり取り付けてくれんかな。
(ダメだった)


いいように考えれば、大人になるまで、時々滑る時に
使えるし
大人になってからもマイシューズ持参で滑りに行けて
よかったじゃーーん。ってことなんだけど。


ダブルジャンプが跳べるレベルのエッジがついた靴を
前か後ろに進むだけに後退すると予測されるムスメMが
使いこなせるのだろうか。

「これ、なんか滑りにくいわー」とか言って
貸靴借りそう。


それか「せっかくスケート靴買ったんだし」とか言って
引退するはずの約束を、ずるずる引き伸ばされそう。


一番いやなのは、さらにもう1回サイズアップして
今の靴も数か月で履けなくなるパターンだよね。


どれがいい?

2番かな。
2017.07.09 / Top↑
野菜を最初に食べるのが、なかなかめんどくさい。
こぶしふたつ分くらい食べないといけないんだって。

夜ごはんは、作りながら生野菜のはしっこを
パクパクつまみ食いしたり
煮物の味見をしたりしています。

お弁当も、野菜のおかずから食べてます。

問題は朝。

朝はパンが多くてパンにおかずをはさんで食べるのが好きなので
いただきまーす!と同時に、パンも食べてしまう。


あんまり食欲がないから、料理しながら
きゅうりのはしきれや、レタスをかじっても
全然美味しくないです。
トマトのひときれも、口に入れるくらいなら
お弁当に入れたい。


野菜ジュースでもいいらしい。

本当に?


野菜ジュースはジュースです!って読んだことある。
血糖値をあげない為にやってるのに
いきなり糖分ゴクゴクって、だめやろーーー。


青汁また飲もうかな?って思うけど
素のままの青汁は、たぶん飲めない。
りんごジュースで割って飲んでた。


うーーーん。どうしよう。

1週間だけ続いたジャーサラダをまたやってみようかな。
2017.07.08 / Top↑
ムスメMは、習い事をたくさんしている。
この1年で、やめたものはひとつもなく
ただでさえ多忙だったのに、さらに多忙になった。


「今の状態のまま、部活はムリだよ」ってさんざん言ったのに
ああだこうだと、イロイロ言って、結局入った。

小学生の時は週1だった塾が週2になった。
60分から80分になったし、定期テストのたびに
臨時授業が入ってきて、ほぼ毎日、塾に行ったり。


「そんなにいっぱいよくできるねー」と言われるが
よくよく考えたら、私がスケジュール管理をして
用事1から用事2へ、送り迎えをしたり
最短時間で移動できる方法を考えたり
事前に根回しをぬかりなくやってきたたまものだ。

いわばムスメのマネージャー。
それも、これからどんどん売り出したい新人についてるマネージャーみたいなもの。

露出を増やしたいから、来た仕事は基本、断らず
少々ダブルブッキングしてもオファーは受ける。
いざとなったら、手腕で乗り切る。みたいな。


疲れます。とても。もうやってられないし
これからはゆったりペースで仕事を受けようと、提案しても
タレント本人(ムスメM)は
「嫌よ!まだまだやりたいことは、たくさんあるのよ!」と
譲らない...みたいな。

渋々、続けてきたマネージャー業に
やはり疲れとさらには疑問を感じ

「やっぱりペースを落とすべき!
今まで通り、全部やりたいなら、自分でマネージメント
してちょうだい!」と宣言した、マネージャーと言う名の母・私。



電車の時刻の調べ方も知らない
スケジュール帳の使い方も知らない
世間知らずな売れないタレント(ムスメM)は
しっかり者に変身...することもなく
あいかわらずのマイペースで、日々過ごしております。


7月〇日はスケートの試合だよ。

って、もう6回くらい言ってるのに
「〇日は合唱団、普通に行けるよな」(行けない)とか
「〇日は部活に普通に朝から行って大丈夫よな?」(その時間、試合中)とか。
「今日はスケートの貸切、入らんで部活に行くよ!」 
(試合前の最後の貸切に入らんでどうする?)とか


普通、試合って言ったら緊張のあまり
絶対忘れないと思うんだけど。
......忘れてる。

おバカさんなのか、楽天家なのか。

予定が重なって、どちらか休む事になっても
気づかいを見せるという意識がないから
休んだせいで、相手からどんな風に思われるとか
立場が悪くなるとか、気にならないみたい。

「今日は、○○があるんで、休みまーす」めでたしめでたしだと
思ってる。


マネージメントしてくれる人がいなくなった危機感も
ピンときてないみたい。


部活をするなら、スケートは絶対にやめないと
無理よと言って、これは了承してたけど
引退の足音が聞こえてきたら

「やめたくなくなってきたーーーー」と
言い始めた。

もう母はムリだわよ。
スケージュール帳を見ながら
イライラする日々はもう、耐えられないのよ。

すべての行事が重なる7月は
毎週末、ダブルブッキング(トリプルも)してます。
訳が分からないので、休まなくてはいけない用事に
蛍光ペンを入れてるけど
週末は蛍光がピカピカしすぎて
まぶしい。

今から頭を悩ませても仕方ないので
当日か前日に、胃を痛めることにしました。

一番ひどい日は、部活のコンクールの
ゲネプロと、県外のお祭りが重なった。

「どっちかにしてね」と釘をさすも
「どっちもどうしても行きたい」としょんぼり演技
(...と思うのは意地悪か)

結局、娘にあまーいパパが
「アグレッシブで羨ましいぞ!」とか言って
車を出してくれることに。

学校でゲネプロに出て、ダメ出しを受けて急いで帰り
車を飛ばして、隣の県での演舞後半から合流...の予定。


運転してくれるのはパパだが
時間管理をして
メイクしてヘアもして
現地組と連絡をとりあいつつ、いい感じのところでムスメMを合流させ
お祭りでごった返す市街地で、空いてる穴場な駐車場情報を仕入れ
無事に誘導して、さらにチームにかけつけて
「いやあ今日はごめねー」なんて言いながら
人一倍スタッフ業務を頑張る....自分の姿がもう見える。今から見える。


ああもう、絶対嫌だ。ムスメMよ!
諦める事を覚えて欲しい!


2017.07.07 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。